錯誤試行

PCや生活の試行錯誤の成果を報告するブログ

emacs-mozc(mozc.el)が落ちる不具合への対処(Ubuntu11.10)

emacsでmozcが使えるという記事(※1)を読んで、skkでは入力が追いつかないときに重宝すると思い喜んで設定をするが「あ」などの変換で落ちてしまう。
用例の付いた単語をmozc-serverが処理できない(※2)ことが原因らしい。
mozc公式サイト(※3)のインストール手順に従いソースをダウンロードする。scimを使用している場合にibusを使わないからと言ってibusパッケージをインストールしないとコンパイルできないので注意。
コンパイルする前にこちらの記事(※4)のパッチを当てる。これにより用例が表示されなくなる(らしい)が変換が落ちなくなる。

 $ patch -p0 < emacs_fix.patch

コンパイルしてできたmozc_emacs_helparを/usr/bin/mozc_emacs_helparと、mozc_server,mozc_utilsを/usr/lib/mozc/以下のファイルと入れ替える。

解決に要した時間:4時間
ここまでで貴重な休日の半日がいつの間にか過ぎた。